妻車がMINIに③ ~そして、決断へ・・・~

(②からの続き)

そんなわけで妻MINI計画の最終回?は、ロトシリーズ最終章にして最高傑作との呼び名も高いドラクエⅢにあやかったサブタイトルと致しましたw
(実はドラクエⅢのリメイク版の発売を心待ちにしている人ですww)

さてさて、そんなロトな話はさておき、前回までの妻MINI計画は、
  1. 妻車の乗り換えを発議し即決裁(at 晩酌中w)
  2. 懐かしの元担当S氏に挨拶に行くついでに紹介してもらおうと、大甘な考えでBMWディーラーを訪問
  3. お目当てのMINI ワン ヴィクトリアエディション、そもそもの車両条件が合わず
  4. すかさずS氏から提案が・・・
といった流れできておりました。

そんなこんなの、妻MINI最終回?
果たして、その提案された車両とは??


じゃん。
(現車取り忘れのためカーセンサーより画像を拝借)

F54のMINI クラブマン クーパーDです。
これ、私的に意外な伏兵でして。。

まず、このフロントマスク。
実はこちら、カーセンサー閲覧時にも妻と一緒に物色していたのですが、平べったい感じのせいか妻はかなり大きいと思ったようです。
また、見た目的にもF55の方がかわいらしさは(だいぶ)上かなと思ったのですが、実際にこのF54を見てみると、なんというか「ぶさかわ」な感じがハマったらしくw
横に伸びた顔が愛嬌があって可愛いらしく、気に入ったようです。

リアについても、当初はあまり気に入ってなかったようですが。。
現車を見たら「特徴があって面白いじゃん」ですと。
妻の読心術に日々鍛錬を重ね早や12年、まだまだ修行が足りないなと痛感した次第ですw
まあでもテールについては、ユニオンジャックテール(LCIテール)の方がいいので、こっそりS氏に交換を依頼してありますw(もちろん妻は知る由もなくww)

サイドビューはカッコいいですね!
ホイールベースが長いのですが最小回転半径は5.5mと、ワンのそれ(ガソリン5.4m/ディーゼル5.6m)と比べても小回りに大きな差はなさそう。
駐車スペース的にも、いま設置してある駐車止めを動かせば、まあ何とかなるだろうということに。

それに、なんといってもPDC付ですからね!

軽自動車からいきなりクラブマン、そして初輸入車な妻にはやっぱりこれくらい手厚くないと。(私が不安なためw だってF30dMも被害を受けかねないですし。。)


内装はF55と同じような感じでありながら、広々しているので快適そう♪
カーセンサー非掲載のため類似の車から画像を拝借。ゆえに赤シートではございません。)

後部座席の横移動問題も解決どころか、F30dMよりも広さの点では快適度優位な感じ。
カーセンサー非掲載のため類似の車から画像を拝借。ゆえに赤シートではございません。)

ラゲッジスペースも、平面的にも天地的にも申し分ない広さ。
カーセンサー非掲載のため類似の車から画像を拝借。ゆえに赤シートではございません。)


ちなみに、この前後でMINI ミニ 5ドア クーパーDの試乗もさせてもらったのですが(クラブマンの試乗車が無かったため)、思ったよりも妻がすんなり運転できたのは意外でした。
妻曰く、アクセル・ブレーキ・ハンドルの使い心地が良く、想像以上に思った通りに運転できたとのことです。
あるあるなワイパー誤作動(ウィンカー間違い)もなく、思ったよりすぐに馴染めそうな気がしたのは安心材料でした。

で、その時にS氏と積もる話をしたのですが、やっぱりウマの合う営業マンとの試乗は楽しいですね。
友達とドライブしているみたいというか、そのままスタバにでも寄りたい気分になりましたw


そんなこんなで、次期妻車はMINI クラブマン クーパーD(F54)に決まったのでした。
(まさかのBMW製ディーゼル2台体制w コツは心得ているので管理が楽です♪)

ところで、そうなるとファミリーカーはF54が1台あればよくない?って話しになるわけで。
それはつまり、私の車の選択肢が広がることを意味します。
これまでの私の車選びの条件の一つであった「実用的な後部座席があること」という枠は、今後取り払われることになるわけです。

何ならクーペでもいいんじゃないかな?なんて、甘い囁き声がどこからともなく降りかかり。。
縛りを一つ解放されたその欲の波は、甘く見ていると飲み込まれそうな勢いに。。。
どうする、私。


というわけで妻MINI最終回と謳っておきながら、スピンオフ的な次回に続きますw
LihatTutupKomentar