ついにW206こと新型Cクラスの新古車がカーセンサーに登場 ~嗚呼、資本主義w~

なにげな~く、カーセンサーを見ておりましたら、、


お??
W206が出とる!

しかも、2台も!!


というわけで、見ていきましょう。



1台目は、C200アバンギャルド(ISG搭載モデル)にAMGラインをはじめオプションをそこそこ付けたもの。

これと同じ状態の新車価格は723.4万円。(注:2022.1.15時点の見積りシミュレーションによる)
内訳は、以下の通りです。※すべて税込み金額にて記載
  • C200 AVANTGARDE (ISG搭載モデル)・・・651.0万円
  • AMGライン・・・32.6万円
  • ベーシックパッケージ・・・15.4万円
  • リア・アクスルステアリング・・・14.5万円
  • 有償カラー(オブシディアンブラック)・・・9.9万円

値引きなしで仕入れていたとしたら、車両価格ベースの粗利で146.5万円、粗利益率は16.8%といったところ。



2台目は、C220dアバンギャルド(ISG搭載モデル)のフルオプション。


これと同じ状態の新車価格は808.2万円。(注:2022.1.15時点の見積りシミュレーションによる)
内訳は、以下の通りです。※すべて税込み金額にて記載
  • C200 AVANTGARDE (ISG搭載モデル)・・・679.0万円
  • AMGライン・・・32.6万円
  • ベーシックパッケージ・・・15.4万円
  • レザーエクスクルーシブパッケージ・・・22.3万円
  • リア・アクスルステアリング・・・14.5万円
  • パノラミックスライディングルーフ・・・23.3万円
  • 有償カラー(オパリスホワイト)・・・21.1万円

値引きなしで仕入れていたとしたら、車両価格ベースの粗利で109.8万円、粗利益率は12.0%といったところ。


資本主義全開ですなw
もうPS5的なそれww

それはそれで否定しませんが、いくら半導体クライシスとは言っても、Cクラスの通常モデルにそこまでプレミア付けて買う人っているのかなぁ、って思ったのが正直なところ。
まあ、新しい物好きの方はそれでも・・・って感じで、ポンっと出すのかもしれませんが。(嗚呼、資本主義www)


そんなこんなの、自由市場競争に参加できない社会主義的資本主義な日本に生きる凡人のボヤキでしたw

んでは!
LihatTutupKomentar