融雪剤が撒かれていないアイスバーン(ミラーバーン)を低速直進中に2連続スピンw ~ボディ剛性の高さが仇となったかも~

一昨日の出勤時のことですが。

その日の朝は大した冷え込みではなく(実際に気温は氷点下に至らず)、自宅前の道路や幹線から入った路地は凍っていなかったのですが、通勤路である幹線道路だけがガチのアイスバーン(ミラーバーンって言った方が正しいかも)になっていました。
私の住む地域ではたまにあるのですが、気温ではなく、冷たい風によって風当たりの良い場所が凍るという事象に見舞われていた模様です。

通常、路面の凍結が予想されるときは融雪剤が撒かれるのですが、気温が氷点下にならないとの予報や、冬本番とは言え本格的な凍結がこれまでなかったことから、道路管理者も除雪業者にも若干の油断が見られた模様でして。
見事なまでのアイスバーン、もといミラーバーン。
もうツルッツルでした。。


そのような中では、いくら前後重量バランスに優れるBMWと言えども、明らかにFR(後輪駆動)は不利でして。。
20~30km/hで直進していても、ゆらゆらゆらゆら挙動が落ち着かず。。
そうした状況においては、DSCも何もあったものじゃなく。。(ランプすら付かない=作動していない。おそらくあまりにも自然に滑っているため感知しないのでしょう。)

ちなみにタイヤはきちんとしたスタッドレス(ブリヂストンのBRIZZAK VRX 2019年33週製造品)を履いており、タイヤ交換時には硬度も溝も何ら問題ないことを確認していたのですが。
こうなっちゃいました。。。