F30 320dの3回目・7年目でかかったディーラー車検費用のリアル ~これまでの故障歴、代車MINIクラブマンの感想なんかも~

気が付けば購入から丸4年たった、マイF30dM。
私が乗ってからの継続車検は、今回で2回目となります(通算では3回目)。

前回に引き続き、今回もBMW正規ディーラーに継続車検をお願いしました。

というわけで、恒例みたいになってきましたが、BMW正規ディーラーで3回目・7年目を迎えたF30 320dの車検費用をお見せしましょう。



【車検費用】
  • BMW2年定期点検・・・34,100円
  • 診断テスト・・・2,200円
  • パーツクリーナー・・・1,650円
  • 発煙筒・・・1,650円
  • ガラスクリーナー(凍結防止剤含有)・・・990円
  • 保安確認検査・・・5,500円
  • 検査機器測定料・・・5,500円
  • 継続検査代行料・・・9,900円
【整備費用】
  • ブレーキフルード交換・・・7,810円
【法定費用】
  • 重量税・・・20,000円
  • 自賠責保険・・・21,550円
  • 印紙・証紙代・・・1,800円

しめて112,650円でした。
消費税が上がったにもかかわらず、前回より4千円弱安くなっていてありがたいです。

ちなみに、例によってエンジンオイルの交換フィルター類の交換はDIYでやってますが、それを入れたとて15万円行くかどうかってところだと思います。
国産車でもこれくらいの車種をディーラーで継続車検にかければそれくらいかかりますので、BMWだから・ドイツ車だから・外車だから高いってわけじゃないんですよね。


また、画像の方にも記載されていますが、気になるところを色々見てもらったものの、何も悪いところがなく。
最近はマイナートラブルが多少あったものの、全体的に見れば至って快調です。

ちなみに、これまで生じたマイナートラブルを列挙しますと、、
ってな感じです。

費用的には、
REMコンピューターユニットの交換は痛手でしたが、こればっかりは運が悪かっただけですので、まあ仕方ないかなと。
コンピューターである以上、そういうリスクは少なからずありますし。

そんなこんなで、全部合わせても10万円といったところ。
5年目以降、故障率が跳ね上がって費用もかかるという都市伝説的なそれは、少なくともマイF30dMには該当しない模様です。(田舎だから?「都市伝説」だけに・・・ww)


ちなみに今回の代車は、MINIクラブマンのガソリンDCTモデルでした。
で、いつもなら代車の試乗レビューを書くのですが、困ったことに書く気になれなくって。。

良かった点を挙げるとしたら、ワイヤレスのCarPlayがすごく便利だったことと、オーディオの音質がよかったこと、色々なところが可愛くってMINIの世界観を感じさせてくれたことくらいですかね。
それ以外の、特にドライブフィールは本当に不満だらけで、しいて一つ上げるとすれば、なぜFFなのに直進安定性がなくてステアリングが神経質かな~ってところですかね。
その他はあえて書きませんが、個人的には「なし」に分類されました。
そんなわけで、写真さえ撮っていません。。

やっぱり、BMWのFFモデルやMINIにおける第1世代のUKLプラットフォームは、ちょっとイマイチなのかも。
これまで様々なBMWのFFモデルやMINIに乗せてもらいましたが、どれも何かしっくりこず。。
その反面、新しいプラットフォーム(FAARやらUKL2やらと呼ばれる)を採用した新型1シリーズはなかなか良かったんですけどね。
なので、もしBMWのFFモデルやMINIに乗るなら、FAAR(UKL2)にしたいなって思いました。


といったところで。
F30 320dの3回目・7年目の車検に関するご報告でした。


んでは!

LihatTutupKomentar