新型1シリーズ (F40) 118i Msport 試乗 ~乗り換えっちゃおっかな。。~

昨晩、マイF30dMのトランク周りの電源が一斉に不通となったことで、本日急遽駆け込んだマイディーラー。
朝一の方が空いているかなと思いきや、ことのほか混んでおりまして。。(申し訳ない。。)

とりあえず車を見てもらう間、試乗車のこちらに乗らせていただきました。
そうです、ニュー1シリーズ (F40) 118i Msport 。
FFになった、1シリーズです。


なぜこれに乗ったかというと、マイF30dMのREM (Rear Electronic Module) が逝っていた場合の保険ですね。
最悪の場合、修理費は20万円くらいになるでしょうから。

加えて、この10月に車検、来年あたりには夏タイヤもスタッドレスタイヤも交換時期であり、ちょうどお金がかかる時期の手前という、いいんだか悪いんだかのタイミングでしたので。
そりゃあ、乗り換えも視野に入れるって話ですよ。

で、昨年新たな家族を迎えたうえに(犬ですがw)、コロナ禍で外出することも少なくなり。
もともと出不精だったのも相まって、さらに遠出の機会もめっきり減り、コンパクトで4人が普通に乗れる「いい車」で十分かな~なんて思っていたこともあり。

そんなこんなの考えもあって、ちょっと試しに乗らせてもらった次第です。


というわけで、まずは外観チェック。
この新型1シリーズは、写真(平面)で見るより実物(立体)で見た方が断然かっこいいです。
写真だとずんぐりむっくりに見えなくもないのですが、実際はこの塊感がいい感じにスポーティでして。
それでいながら、この形状がファミリーライクな雰囲気にもつながり、厳つい雰囲気を和らげていて絶妙なんですよね。


そんな外観も相まってか、室内はもちろん広め。
運転席と助手席周りは、3シリーズと全くと言っていいほど同じ空間ですね。
座面やハイバックの硬さや広さなどもF30やG20と遜色なく、前席周りについては本当に上出来だと思います。

後席については、ヘッドルームもニースペースも、空間的には広いのですが。
3シリーズと比べて、座面長さは短いんですよね。
なので、長距離載り続けるのには、3シリーズ以上と比べるとちょっと辛いかもな~って感じがします。

その座面長さの短さを補うようにしてあるのが、ハイバックの裏面。
膝が入るようにしてあるのはいい工夫ですが、そのおかげで収納ネットがないです。。
F30前期ではネットがあって、そこにゴミ箱をセット出来ていてこれが思いのほか重宝していたので、これはマイナスだなぁ。。


あと、広さに関するところでは、ラゲッジルーム。
1段下がっているのが、いいんだか悪いんだか。。
天地高さがあるものにはいいんでしょうけど、実際の使い心地を考えるとどうなんでしょうかね?
ぎっくり腰率が、若干ながら上がりそうな気が。。w


でも、それらを補って余りあったのが、この最新鋭のシステム関係。
BMWのシステムは本当に好きで、個人的には使い勝手が非常に良いと感じていますし、デザインも秀逸です。
Linuxベースで開発されていると聞いたことがありますが、それにしてもよくできているなと。
しかも、3シリーズ以上に積んであるものと同じシステムが、この1シリーズでも味わえるって、本当に素晴らしいことですよね。


とまあ、口当たりの良いところから書いてみましたが。
いくら外観が良くったって、いくらシステムが素晴らしくたって、走りがイマイチならそれはBMWに非ず。(言いすぎ?笑)

特に、FRを捨ててFFになったことで賛否が巻き起こったこのモデル、BMWがそれを見越して仕掛けたARBシステム(エンジンから直接タイヤのスリップを検知することで従来の3倍の速さでトラクションコントロールするもの)がどんなものか、以前から興味があったのですが。

結論から申し上げますと、私の感覚的には、FRとの違いが分からないくらいの出来栄えでした。
もちろん、コンパクトハッチゆえの剛性感の高さもあると思いますが、G20でFRとxDriveの違いはすぐに分かったのに、こちらはFF感をまるで感じさせなかったんですよね。

フル加速やコーナリング、S字クランクなど、ちょっと乱暴に攻めてみましたが、本当によく曲がるしよくコントロールできる。
なにこれ?本当にFFなの??って素直に疑問が沸くくらいの出来栄えでした。
(ただし、FRともちょっと違う不思議な感覚ではありますが、G20のxDriveよりも良く曲がる・コントロールできている「感覚」はありました。)

それと、エンジン音も3気筒1500ccとは思えないくらいよく回るし、回した時の音もいいですね。(ダミーかもですが。)
DCTもギクシャクせず、かといってカチッとしたフィーリングはあって、こちらも走らせてて気持ちよかったです。

しいて難点を言えば、ブレーキですね。
これはフロントヘビーだから仕方ないのですが、試しにフルブレーキをしたら完全に重心が前に集まりまくっていました。
そのおかげで、2回ほど連続して試したら、軽く酔ってしまったくらいですw

あとまあ、大したことではないのですが、アイドリングストップ関係も若干微妙でした。
止まりきる前にエンジンが停止したり、回帰時の振動の伝わり方がいまいちスマートさに欠けていましたね。
まあでもこれも、慣れるっちゃあ慣れるんでしょう。

そんなこんなで、走行に関してのネガな部分はフルブレーキング時のそれとアイドリングストップが微妙なくらいでした。
見切りの良さ(相変わらずAピラーの位置と角度が素晴らしい)や、F30やG20から乗り換えても全く同じに感じるシートポジション(シート・ペダル・シフト・ステアリング・ボタン類の位置関係の系譜が継承され、しかもそれが秀逸)など、押しなべて良い点が目立ちましたね。

FF化で賛否があったのは否めませんが、実車の出来は否定派を杞憂と感じさせるくらい(又は先入観を解くのによい)ではないのかな?って思いました。


そんなこんなで次期愛車候補に入れた、新型1シリーズ (F40) 118i Msport 。
F30dMの修理費次第では、乗り換えてしまうかもですね。

でも、F30dMにも未練があるしなぁ。。
ま、見積り見てから悩むにします。


んでは!

LihatTutupKomentar