BMW i7のスパイショット! ~ますます電気自動車増殖中。ただし世界に限る。日本は・・・~

電電電で電電で電。

・・・と。
オリラジ風に入ってみましたが。

ほんと、世界では電気自動車の開発が盛んですね~。
今日はなんと、BMW初のLセグメントEV、i7のご紹介です~。




BMW初のLセグメントEVでありながら、どこか懐かしさを感じさせるのはホフマイスターキンクがあるからでしょうか(笑)
やっぱでもホフマイスターキンクはこうやって今までのような形の方が、BMWらしくて私は好きですね。

あと問題はグリルがどうかですがw
見えないのがなんともww


ところで、BMW初って書きましたが。
そもそも、ラグジュアリーサルーンで初じゃないですか?
LセグメントのフルEVって。

あ、でもモデルSがあったか。
まあ、テスラ以外では初ってことで。

そう考えると、EVがどんどん広がってきてますよね。
いいことです。

個人的には、C~Dセグメントが500万円以下で実用航続500km以上なモデルが出てほしいな~って思っています。
でもこれ、思ったよりも早く実現してきそうな予感(ワクワク


ところで、日本勢は?
音沙汰がないですよね。。

まずくないんでしょうか??
この状況。。

なんとな~く、世界の電気自動車の普及が日本の自動車産業終わりの始まりな気がして、怖いです。
乗るクルマは欧州車が断然好みですが、自分が住む日本において、代替産業が育つ前に主要産業が斜陽産業になっちゃうのはさすがに困ります。
現時点で自動車産業に代わる主要産業ってなくないですか?日本って。
そう考えると、先ほどの「思ったより早く」のワクワクが、ドキドキ(冷や汗)になりそうな。。

そうならないことを祈りつつ、C~Dセグで航続距離500km超え500万円以下なEVを待とうと思います。


んでは!

LihatTutupKomentar