どうなる!?キドニーグリル。 ~BMW i4と次期M3のスパイショットに見る希望的観測~

少し前から話題沸騰(議論ともいう)の、キドニーグリルの今後。
やはり、大っきくなっちゃうんでしょうか?

今回撮られた、BMW i4と次期M3のスパイショットから勝手に考えてみます。



いずれも最近撮られたものですが。

見ようによってはキドニーグリルがでっかくなっていそうな気もしますし、そうでないような気もします。
これ、i4も次期M3も同じような感じのカモフラですよね。
とすると、これまでのあのコンセプトモデルのでっかいキドニーグリルとか、M3でわざわざチラ見せしたのって、フェイクじゃないかな~って気もします。

フェイク・・・というよりかは、ジョークといった方が正しいかもしれません。
なんとなくですが、7シリーズLCIやX7で大きくなったキドニーグリルに対しての揶揄に反抗して、ジョーク的にやっている可能性もあるのかなと。

ほらあれですよ、アウディとの看板合戦やらAMG E53にM5の被り物をさせたハロウィンのあれやら、海外ってそういうブラックジョークに寛容ですから。
近隣国みたいに神経質な感じになってきた最近の日本人の感覚では考えにくいですけど、そういう揶揄を逆手にとって躍らせている可能性もあるのかな~って。
もっとも、個人的な希望的観測も多分にありますが。

まあ、キドニーグリルが大きくなっても、全体的なバランスがよくてカッコよければそれでいいっちゃいいんですけど・・・。
コンセプトモデルを見る限りは、あのでかいグリルとデザイン的な均整を取るのってけっこう難しい感じはしますが、デザイナーは敢えてチャレンジングに行きたいんでしょうかね。

いずれにせよ、もう少しすればカモフラが取れてくるはずなので、それ次第ですかね。
もっとも、最後まで遊んでくる可能性も無きにしも非ずですがw
のんびり見守っていようと思いますww


んでは!

LihatTutupKomentar