タイヤ交換ついでのあれこれチェック ~ブレーキパッド残厚やら夏タイヤ溝深さやら~

今年は犬を飼ったこともあって、あと数年で渋沢栄一様に取って代わられる福沢諭吉様が大量動員につき…な我が家。
また、5月にリコール入庫した際についでにいろいろ診てもらったことから、あまり必要性を感じなかった、1年点検。
そんなこんなで、ディーラーさんには申し訳なかったのですが、今年の一年点検は華麗にスルーさせて頂きましたが。。

それなのに気になるのが、ブレーキパッドの残厚と夏タイヤの溝深さ。
ちょうど本日、来るべき冬に備えてスタッドレスタイヤへの交換を実施したので、そのついでに点検してみました。


まずは、パッド残厚のチェック。
やっぱりタイヤを外してやると、しっかり見れていいですね~。

ASTRO PRODUCTS 01-09633 ブレーキパッド 簡易測定ゲージセット 01-09633
アストロプロダクツ(AP)
売り上げランキング: 314,418

結果、フロントが両方とも6mm、リアが両方とも5mm。
ちなみに、昨年の1年点検からの変化は0mm(笑)

まあでもこの調子だと、あと2~3年どころかもう少し先まで持ちそうですね。
せっかく低ダストなUSパッドとブレーキディスクを一式用意してあるんですけど(以前オクで掘出し物を格安ゲット)、出番はしばらく先になりそうです。


続いては、夏タイヤの溝深さをチェック。


こちら、フロントが4.5mm、リアが5.0mm。
フロントに関しては、外側に向かって片減りしちゃってます。
フロントの方が減りが早いのは市街地走行が多いからでしょうし、フロントの外側が片減りするのはついついコーナーで踏んで駆け抜けて悦んじゃうからなのでしょう。

それはそれとしても、昨年の1年点検のときは前後とも6.5mmだったので(この値は少し怪しいですが…)、いまの夏タイヤがあと1シーズン持つかどうかという事実。。
来年F30dMは車検ですので、お金のやりくりが厳しいのに(苦笑)

そういえば最近、少しハンドルを取られやすくなった気がしたのは、このタイヤの減り(特にフロント)が原因でしょうね。
そう考えると、あんまりギリギリまで粘らない方がいいんでしょうけど、元来の貧乏性なものでしてw

う~~ん、、まいったなぁ。。
ま、なんとかなるさ。


といったところで、タイヤ交換ついでにチェックをしてみたな記事でした。


んでは!

LihatTutupKomentar