※追悼…じゃなくて追記あり※【悲報】マイF30dM、フロントドアハンドル内のセンサーさんご逝去の件 ~アン・コンフォートアクセスになりましたとさ~

先週記事にしたばかりの、マイF30dMのフロントドアハンドル(運転席側)がタッチでロックできない件。
あれから間もなくして、アンロックもできなくなり、そしてそれが常態化し。。

2019年8月某日、旅立たれました。。


そんなわけで、リビルト品を調達したところ。
もちろん、転んでもただは起きないってことで、ライト付きで掴みやすい海外仕様(もちろんRHD仕様)の品を見つけまして。
そんなお品を買い付け、今はその到着待ちだったりします。

ちなみに、日本仕様から海外仕様にドアハンドルを変えることで車体の全幅が1800mmから1811mmになりますが、2cm以内なので構造変更必要なし。
まあ、PayPalで決済してから「あっ・・・。」って感じで気づいたのはここだけの話ですがw

というわけで、到着したらそれを付けてグレードアップ修理と相成る予定です。
単なる機能回復的な修理は気乗りしませんが、グレードアップ要素があるとちょっと楽しみですね♪


んでは!



【追記】
そういえば、運転席ドアのコンフォートアクセスが完全に効かなくなってから、ときどきこういう表示が出るようになりました。

バッテリー「停車時の消費電流が増大しています。一時的に電装品がオフになります。」

おかしいなと思いバッテリーの電圧を測ってみましたが、特段の異常は認められず。
また、テスターがないためCCAを測れていないのですが、CTEKで補充電してみてもSTEP毎の充電時間は通常と変わらないことから、特に消耗が進んでいないと思われ。(・・・これを機にテスターを購入したので、到着したらCCAなんかも測ってみます。)
しかも、一度イグニッションをオフにしてから再度オンにすると、これが消えるという。

おそらく、運転席側のコンフォートアクセスが効かなくなっていることで、信号のリレーが上手くいっていないみたいな感じになって、システムが誤認状態になっていると推定。
ちなみに、この表示が出ているときは助手席側やトランクのコンフォートアクセスも無効化されていますが、リモートでの開閉はできるので、コンフォートアクセスの異常をバッテリーを介して感知してシャットダウンしているような感じかなと思います。

とは言え、この状態が望ましいわけはなく。
イギリス、リトアニア、オーストラリアからの多国籍な修理用パーツの到着を待っているところですが、到着予定は来週後半ごろ。
しばらく、我慢の日々が続きます。。

短気を起こしてA35などに買い替えたりしないよう、十分注意しようと思いますww
LihatTutupKomentar