新型A8、ティーザー動画でデザインがチラ見え ~全貌は7月11日公開~

新型の登場が待たれる、アウディのフラッグシップサルーン「A8」。
当初の予定ではもうとっくに出ているはずだったのですが、なんやかんやで延び延びになりつつ、ようやく日の目を見るときが来たようです。

で、それに先立つこのティーザー動画。


意外にあれこれ見せちゃってます。



そんなわけで、キャプチャ画像にて見ていきましょう。

テールライトは上側が光るようです。
ルーフは低めで、サイドからの絞り込みがなかなかあるように見えますね。


ブレーキランプは下側が光るようですね。
ちなみにそんなブレーキランプは、こちらで確認できます。


インパネ回り~ステアリングは、パッと見A4との違いが分からないくらいですかね。
裏を返せば、センター付近が格上感を表すような感じになっていると考えられますが、果たしてどうなるでしょう?


後部座席ドアの内張りがチラ見え。
ぐっすり寝ている子、私もB8A4アバントでよく子どもを寝かせるためにドライブに連れて行きました(笑) 懐かしいなぁ~。


チラッとテールが見えましたが、プロローグと同じ上で繋がっているパターン、ちょっと賛否が分かれそうな気がします。
この画像ではリア周りが思ったよりもボテッとした印象を受けますが、まあ角度のせいですかね。
こちらでサイドビューのシルエットを確認しましたが、そんなにボテッとなるように思えませんでした。


自動で車庫入れしてくれるそうな。
これでも、日本に入れられるんですかね??
結局7シリーズや5シリーズ、そしてEクラスでさえも、この手の機能はドイツ本国で出されているほどのものが日本国内で実現していませんし。


ボンネットは、A5のようなうねりが多い感じではなく、ちょっと前のプレーンな感じに戻しましたかね?


全体像。
カッコいいお家ですね!(←そこちゃうわ)


ちょっとアップしてみましょうか。


ヘッドライトが光っている状態のドアップ。
シングルフレームグリルがやたら強調されて見えますね。


ヘッドライト消灯後のドアップ。
先ほどの写真と合わせて考えると、おそらくですが、シングルフレームグリルのフレーム部がヘッドライトの目元の上側まで切り込んでいっているデザインかなと思います。
あと、エアガイドグリル付近は、コの字型にぐるっとアルミラインが施されているように見えますね。


そんなわけで、新型A8は7月11日公開。
どんなデザイン&先進機能を見せてくれるんでしょうかね。

期待と不安が入り混じりつつ、その時を待とうと思います。


んでは!

LihatTutupKomentar