再開に当たっての作戦。 ~スパイショットを使わずに成立するはずがないこのブログw~

さてさて、そんなこんなでやっぱり書きたい衝動に駆られる私。
どうも書くことで、多少のストレスを発散できるようです。

あ、そうそう。
書き忘れていましたが、ブログを丸ごと消し飛ばしたものの、一応こまめにバックアップは取っていたんですよ。
それで、記事や体裁は簡単に移植できたわけです。

で、昨日書いたようにスパイショットを使いづらくなった世知辛い昨今。
そんなトラブルを防止する方法を、ニュルでお目見えになるM8でも使って考えてみたいと思います。



【作戦1:公式サイトからの引用】
上の画像はBMWの公式メディアサイトからリンク読み込みしています(念のため)。
これだと、こちらのサーバーに画像がないからいいはず。
で、リンク先をこんな感じで明記して引用すれば問題ないように思われます。

ただこれも少し怪しい部分があるんですよね。
BMWの公式メディアサイトでは特に注意書きが見当たらなかったのですが、ダイムラーの公式メディアサイトだと以下の一文があるんですよ。

These objects may not be copied for commercial use or distribution, nor may these objects be modified or reposted to other web sites, apps or other digital content.
これらの物(文字や写真や動画などを指します)を商用又は配布用に複写することはできません。また、修正することや、他のWEBサイトやアプリなどのデジタルコンテンツへの再投稿も同様です
(上記はそれなりに自分で翻訳しました。←自慢w)

つまり、画像を他のWEBサイトに再掲する方法は著作権違反になっちゃうんですね。
というわけで、ちょっとこの作戦は危なそう。

そもそも、公式サイトの画像は容量が大きいうえにダウンローダーが固まりやすいので、使い勝手はあまり良くないんですよ。
そんなわけで、公式サイトから画像を拝借して転載する方法は、ちょっとやめておこうと思います。


【作戦2:SNSからの引用】
そんなこんなで、次なる作戦はこちらです。

例えば、autoevolutionからの引用をこんな感じでしてみたらどうかなと。

ちょっとというか、だいぶ不便にはなりますが。。
まあ画像もあるし、さらに見たかったら引用先にどうぞってことで。
ある意味、これまでよりも気軽に書けますからね。

というわけで、この作戦が良さそうかなと。
これでもう、権力に屈することはなくなる・・・はず。

招かれざる客、もう来ないでほしいな~。。
♪僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう♪(意味深w)


んでは!

LihatTutupKomentar