【乗換実録おまけ弐】BMW 3シリーズセダン F30 320d Mスポーツ レビュー ~デザイン・使い勝手編~

さて、そんなこんなでだ~~~いぶ引っ張ってしまった、マイF30 320d Mスポ(F30dM)のレビュー。
よろっと書いてみようと思います。
前編は、デザインや使い勝手なんかをメインに書いてみようと思います。


【エクステリア】

カッコいいですよね~、ガンダムですけど。
妻はもうアムロ号とか呼んでますし(笑)
まあ、エクステリアばかりは好みの差が大きいので私個人の意見がどれほど参考になるのか不明ですが、カッコいいはカッコいいと思います。

ただし、これに関しては前車アウディA4アバント(B8前期)の方が上かな。←あくまで個人的な好み
あの見てくれの良さにかなうごく一般的なクルマって、そうないと思います。
でもまあ、それを除けばF30dMもかなり上位ランクには入りますけどね。

そうそう。
先日洗車した際、フロントバンパーの空力デザインに萌えました。
ラジエーターグリル両サイドに穴があり、エアガイドグリルの脇からフロントフェンダーに抜ける穴もあり、空力処理を徹底しているな~と。
ですが、それを前面に押し出さずにあくまでもさりげなくデザインに溶け込ませていて、そんな隠れ機能美はかなりツボです。
・・・ええ。変態ですよw



【インテリア】


これは、インターネット上での評価とは裏腹に、私は大好きです。
華美過ぎず、かといって足りないわけでもなく。
シンプルにまとまっていて、なおかつ機能美も有している。
まさに『ファンクショナル・ビューティー』ってやつですね。

確かにCクラスと比べれば華やかさは劣りますが、それはまあキャラの違いというか。
メルセデスはエレガンスさを前面に押し出している中に機能をまとめ、BMWは駆け抜ける歓びに集中させるべくシンプルかつミニマムに機能をまとめ、といった感じでお互いがそれぞれの立ち位置でそれを具現化しているように思います。

確かにプラスチッキーと言われればそうですが、プラスチックの何が悪いの?ってのが私的な観点。
プラスチック主体でも、素材のちぐはぐ感があったりデザイン的なまとまりがないものよりもよっぽどいいと思うのですが。
というわけで、私的にはツボですよってことで。



【静粛性】


これはね、非常に静かだな~って感じます。
ロードノイズや風切音はほとんど感じません。

ただし、ディーゼルエンジンの音はしっかり入ってきます。
それが人によっては「エンジン音がうるさい」という評価につながるんでしょうけど、私個人としてはその音も楽しめるのかな~って思います。
ガソリンエンジンに比べれば官能性はないんですが、ディーゼルのメカっぽさを感じる音も悪くないなと。
ちなみに、後期モデル(LCIモデル)はディーゼルエンジンの音が格段に静かになっていますが、前期のこれに慣れると却ってそれが寂しいかも。




【iDrive】


使いにくいとか使い勝手が悪いとか、たまに見かけますが。
それより遥かに使いにくいアウディMMI(しかも3G一歩手前のDVDナビモデル)を使っていた身としては、全然使い易いし分かり易いです。
3日で慣れました。



【サウンド】


これもね、インターネット上の評価が理解できません。
別に普通にいいですよ、サウンド。

まあ私自身それほど音にこだわりがあるわけではないのですが、わりかし音質がいいとされた(?)アウディA4と比べても、F3*系3シリーズは全然負けていません。
むしろA4アバントよりも音が良くなったように思いますが、それについてはステーションワゴンからセダンになったというのも寄与しているはずなので、一概に比較はできませんけどね。

世間一般で言われているほどサウンドがネガではなく、普通にいい音で聞けてますよってところです。



【室内空間】


これはやはりA4アバント(B8)よりも広かったです。
実寸法ではなく感覚的なそれですが、先代A4(B8)よりも広く現行A4(B9)程度の広さを有するって感じがしました。
F30の外形がいずれのA4よりも小さくまとまっていることを考えると、この辺の作り込みの上手さはBMWやメルセデスの方が上で、アウディは周回遅れといった印象ですね。

で、以前は後部座席に特化して書きましたが、今回、運転席周り(特に幅)に関しても先代A4(B8)より広くて現行A4(B9)程度はあるといった印象も新たに受けました。
つまり全座席において、先代A4(B8)<現行A4(B9)=F3*系3シリーズって感じかと思います。
あくまで実寸法的なそれではなく感覚的なものですが、家族全員(妻も子ども達も)がそう感じているのできっとそうなんでしょう。



【収納・積載性】


ステーションワゴンからセダンということで、これを結構心配していたのですが。
スペアタイヤがないおかげでトランク下に収納があったり、トランク脇の小物入れが意外にたくさん入ったりするおかげで、トランクルーム上部は何も置く必要がないくらいになり、完全なる杞憂でした。
元々クルマの中にあまり物を入れておくのは嫌いな方なので、あまり他の方の参考にならないかもしれませんが、それにしても意外に収納力があるな~って印象です。
運転席周りとかでも結構あちこちに小物入れ等がありますし、私個人としては不足することはなさそうですね。

ちなみに私は、そういう小物入れの類に物を入れると、入れたこと自体を忘れる癖があります。
で、買い直して無駄に二つ持つ、という結果によくなります(苦笑)
そのため、クルマに乗せる物は最小限にし、なおかつなるべく一つの場所にまとめておくようにしていますが、そんな私からすれば必要十分な収納スペースがあるのです。



・・・
というわけで。

レビュー前編は、デザインと使い勝手なんかに的を絞って書いてみました。
後編は、駆け抜ける歓びを謳うその走りに焦点を当てて、書いてみたいと思います。


んでは!

LihatTutupKomentar