雪道以外でも安物とプレミアムなスタッドレスタイヤでここまで差が出ることを思い知らせてくれる動画 ~特にウェット路面での差が顕著~

そんな動画を見つけたので、ご紹介しておきます。




スタッドレスタイヤを論じられるときに焦点を当てられるのが、雪道での性能なわけですが。
冬に使うものですし雪道を走るためのものなので、ある意味当たり前と言えば当たり前な話し。

ですが、雪国であっても大抵の地域において、雪道よりも舗装路面が出ていることの方が多いわけで。
(そもそも雪深い地域ほど、除雪が早くて上手いことが多いですし。)
まして、そんな舗装路面が濡れていることも多々あるわけで。
そんなこんなで、スタッドレスタイヤといえども、舗装路面での性能(ドライもウェットも)も当然のごとく必要になってきます。

ところで、タイヤってブレーキよりも大切ですよね。
いくらブレーキが優れていても、タイヤのグリップが失われていたらもはやどうにもできませんし。
仮にブレーキが壊れていても、タイヤさえよければ回避行動で危険回避も可能ですし。

そう考えると、この動画はいいとこついているな~って思いますね。
スタッドレスタイヤの性能比較で雪上のテストなんかはよく見かけますけど、ウェット路面に特化したものって珍しいんじゃないでしょうか。

スタッドレスタイヤは特にウェット路面に弱い傾向があるので、やっぱ安物スタッドレスは雪道以外でも危険なんだな~って思い知らされましたね。
また、ここまで滑っていると、実燃費にもかなりの悪影響が及ぶのは火を見るより明らかですし。

いや~、いい勉強になりました。


さて、そんなわけでもうすぐ冬本番。
タイヤもさることながら、車載品(スノーブラシ、スコップ、脱出用具、解氷スプレー、手袋)なんかも確認しとかないとですね。


んでは!

LihatTutupKomentar