【乗換実録③】中古車取引の宿命・・・オーダー直前にまさかの遅い者負けorz ~中古車は『即決即判』こそ正義~

なんかすっごい適当に思いつくまま書いているだけのブログなのに、皆さんしっかり読んでくださっているんですね。
昨日の記事でコメントいただいたのを見て、つくづくそう実感しちゃいました。
でも、変わらずに適当にいかせていただきますw


で、続きなわけですが。
ネタばれなタイトルにつき、本文が書きづらい件(笑)

・・・どないしよ?



と言いながら書きますけどね(笑)

さてさて。
前回書いた通り、絶望と失意のさなか、一筋の光を見つけたわけですが。

3シリーズセダン(F30)の320i xDrive、2012年式、5.2万km、アルピンホワイト、Mスポ、車検1年付き、保証1年付きの認定中古車といった物件。
多少距離いってますが、これがなんとお買い得な総額250万円で出ていたわけで。

ちょっと車高が高いのと、初期モデルに当たる2012年式というのが若干気になりますが。。
(xDriveはMスポでもRWDよりも1cm車高が高く、初期モデルはマイナートラブルがいくつか報告されています。)

すかさず、先日名刺をもらったBMWディーラーのセールスさんに電話して「抑えといて!」と言い、見積もりをすぐにメールしてもらいました。
その間、わずか数十分。
この時、いかにアウディディーラーがダメダメかというのを知りました。(アウディディーラーは見積もりに半日以上平気でかけます。)

その見積もりを持って金融機関に行くと同時に車買取一括査定の申し込みをし、金融機関とのやり取りの合間を縫って査定日時の打ち合わせをし、僅か数時間で車両の確保と銀行の事前審査と買取査定の段取りを済ませ、最短で1週間程度で乗り換えられるか?と思った矢先。
(その日は平日でしたが、ちょうど仕事が休みでした。)

・・・一本の電話が鳴りました。

私 「もしもし~♪どうされました?もう銀行の手続きも全部済んでますし、通りそうなんでハンコ押しましょうか?♪(ウキウキウォッチングモード全開w)」
セールス 「あの・・・。大変申し訳ございませんが。。あの車・・・売れちゃったんですよ。。。」
私 「あ~そうですか~!それはそれはおめでとうございます♪いいタマでしたもんね。・・・?・・・って!どういうことっすか!?」
セールス 「私が抑えるほんのちょっと前に、即決で買われたお客様がいらっしゃいまして。。申し訳ございません!!代わりの車両、一両日中に必ず見つけますから!(平身低頭)」

もうね、神様は私を二度も見捨てるのかと思いましたよ。
ちょっと大げさですが、そんくらいショックでした。

本当、その夜はよく寝れませんでした。
まあ7時間は寝ましたけどw

でも、翌朝の寝起きの気分、久々にめっちゃ最悪でしたね~。


本当にね、中古車ってこれが怖いんですよ。
このタマいい!って思って商談中にしてもらっていても、結局注文書に先にハンコ押したもん勝ちなわけで。
私みたいに低利・長期間・繰り上げ返済で有利な銀行系マイカーローンで~なんて言っているめんどくさい客より、提携ローンやディーラー系列のファイナンスでFAX一枚で審査通らせて即決即判(直ぐ決めて直ぐ判を押すという造語@勝手に作ったよ)してくれるお客様の方が、店側から見た神ってる度は遥かに高いんですよね。
それか、現金でどーんと払っちゃうか。

本当、これでかなり詰みましたね。
おかげで相当血迷って、マツダCX-5をオーダーしかけたり。
もはや、おかしくなっちゃったレベルに逝きかけました。

ですが、そんなCX-5を物色している最中、驚きの事実が分かったのです!


・・・というわけで、次回に続きます(笑)

んでは!

LihatTutupKomentar