F30 320dのブレーキランプをPIAA超TERA Evolutionに換えてみた。

そんなわけで、F30 320d初DIYとなったのがこれ。
純正ハロゲンバルブとの違いなんかでも、見てみましょう。


以下、左側がPIAA超TERA Evolution、右側が純正ハロゲンです。





ブレーキランプをLED化したかったのは、ファッション性ではなく実用面からです。
私の狙いとしては、
  • ハロゲンよりLEDの方が、後続車に対する被視認性が高い
  • LEDは瞬間的に最大照度になるため、ハロゲンよりも後続車に対する安全性が高い
  • これまでの経験上LEDの方が照度も高いため、悪天候時の車庫入れ等で意外に助かる
ってところです。

そんなわけで白羽の矢を立てた、PIAA超TERA Evolution
なかなかいいお値段がしますが、私が調べた限りF30用のLEDバルブで唯一コーディングなしでエラーが回避できるものです。
適当なLEDバルブにしてコーディングしようかとも考えたのですが、師匠的知人よりディーラー入庫時に色々と困るよってアドバイス頂き、適当LEDバルブ+コーディングのコンボはやめた次第です。
よって、ちょっとお高いPIAA超TERA Evolutionに行き着いた、というわけです。

で、そんなお高いPIAA超TERA Evolutionに換えての評価ですが。
被視認性や明るさにそれほどの差はなく。。
最大照度になるまでの時間(応答性)に差は確かにあるけど、大きな差があるかと言われればそうでもないような。。
というわけで、目論見がすべて外れたって感じですorz

以上、無駄遣い記録でした!(苦笑)


あ、ブレーキランプバルブの交換方法は車両の取扱説明書にばっちり乗っておりましたので、割愛いたします。
強いて言えば、車載のツールキットではなく、きちんとしたソケットレンチ(10mm)を使った方が仕事が早かったです。


んでは!

LihatTutupKomentar