BMW1年生は色々と小道具が必要ですね(汗) ~タイヤ交換用にジャッキアダプターなんかの小道具調達~

F30 320dに乗り始めて早や1週間が経過したわけですが。
私のような素人DIYチャレンジャーからすれば、なんてことのないメンテでもBMWって色々と小道具が必要だなと感じたところがございまして。
まさかタイヤ交換にまで、こんな小道具が必要だとは思いませんでした(汗
この画像にそんな小道具があるの、分かります?(先輩ビーマーさん方はどうか温かい目で見守ってくださいませw)



正解は、こちら。
これ、『BMWジャッキアダプター』とかそんな感じの名称らしく、ググると沢山出てきました。
私はヤフオクで探し、アダプター下部(円形部)の厚みが最も薄かったこれにしましたが、その理由は後述するということで。
ちなみにお値段は約3,000円と意外にしましたが、必要工具なのでしゃーないってことで(言い訳)

で、なぜこれが必要かというと、BMWのジャッキポイントって特殊な形状らしく。
F30/F31に関して言えば、こんな感じの窪みがあります。
・・・前オーナー、無理に上げたな。。

気を取り直して。
この窪みですが、サイズ的には幅25×長さ55×高さ10 (mm)となります。

で、ここに入れるにはフロアジャッキの上にジャッキアダプターを乗せて下に滑り込ませる必要があるわけですが。
サイドステップが低いF30のMスポですから、これが入るかどうか一か八かで買った節はありますw
そんなこんなで、ドキドキしながら試してみることに。



ピッタピタのギリッギリで入ったって感じです。
厳密には、ジャッキアダプターを乗せた状態で滑り込ませることは叶わず、ジャッキアダプターをセットした状態のところにフロアジャッキを滑り込ませて何とかギリギリって感じでした。
水勾配のついている駐車場の下側に当たる前タイヤでこうやって入ったので、後輪も問題なく。

このギリギリを想定し、先述の通りアダプター下部(円形部)の厚みが最も薄かったジャッキアダプターにした次第です。
とは言え、まさかここまでピッタピタのギリッギリになるとは。。(ホッ


さて、以上のものはフロアジャッキで1輪上げする場合に使うアダプターとなるわけですが。
リジッドラック(ウマ)用には、アダプター下部が大きすぎて使えなそうです。

そんなわけで、リジッドラック(ウマ)用にこんなのも用意しました。
POM樹脂製の軽量・高強度ジャッキアダプター。

木片でもいいじゃんって、そんな野暮ったいことは抜きで。
というか、木片で作ったものを物置に転がしておくと、十中八九誤って捨てる羽目になりそうなので、敢えてちゃんとしたモノを作ったのです。

これについては、カットプラドットコムさんに制作をお願いしました。
その際、ABS樹脂でいいかな~なんて感じで見積もり依頼していたんですが、用途(自動車のジャッキアップ用)を伝えたところPOM樹脂というものを提案されたので、プロの知見に従ってPOM樹脂製とした次第です。
サイズ25×25×55を2個で2,000円程度でしたが、送料と代引き手数料(個人は代引き対応のみのため)とで、なんやかんや3,000円程度かかりました。

これでリジッドラック(ウマ)も安心してかけられますね。
あとは間違って捨てないようにだけ、注意したいと思いますw


そうそう。
欧州車のタイヤ交換と言えば、ホイールのセッティングボルトも必要になるわけですが。
残念ながらA4(B8)とF30のそれは、径は同じもピッチが異なり使えないことが判明。
BMW F30とか用
左がA4(B8)用でピッチ1.5、右がF30用でピッチ1.25

こちらについてもヤフオクで調達したのですが、送料込みで1,500円程度でした。


そんなこんなのなんやかんやで、しめて8,000円も使ってしまった。。
来月からお昼は、小さなおにぎり一つだけになっちゃうかも(汗

な~んて。
タイヤ交換をショップやディーラー任せにするそれと比較すれば、すぐに元をとれる金額ですからね。
そんな言い訳で締めくくっておきましょうw


んでは!

LihatTutupKomentar