やっぱりEクラスはエレガンスグリルの方が似合うと思う ~そんなわけで楽しみなEクラスワゴン(S213)の日本上陸~

エレガンスという言葉が似合う、メルセデスベンツですが。
その中でも、特にEクラスに一番似合う言葉のように思います。
そう考えると、やっぱり「E」にはエレガンスグリルですよね~。


その名の通り、上品さが増しています。
グリルだけでこんなに違うものかという不思議。

まあ、画像のそれはおそらくエクスクルーシブでしょうけど。
日本ではE350にしか設定されていないんですよね。

E200やE220dでも、グリルをエレガンス仕様にして内装もベージュにするパッケージングも設定すればいいのにな~って思っちゃいます。


やっぱり改めてEクラスって、スポーティー路線よりもエレガンス路線ですわ。
完全に個人的な主観ですが、スポーティーを求めるならCクラスでしょうし。
Sクラスまで行くと、エレガンスというよりはとことんラグジュアリーって感じですし。

そんな上品な落としどころ的なEクラス、ワゴンはいつ上陸するのかな?
このラゲッジルームの広さ、ゴールデンレトリバーの成犬を乗せても余裕たっぷりっぽくてすごく魅力です。

う~ん、最近クルマを選ぶ基準が犬ありきになってきたぞ(笑)
ま、それもいいんですけどね。


んでは!

LihatTutupKomentar