内燃機関の先が見えている今だからこそ乗りたいハイパワーV6エンジン ~サウンド対決@C43 vs S4(B9)を見てなんかそう思った~

CO2排出量に代表される「環境規制」が厳しくなる一方の昨今ですが。
ハイパフォーマンスな多気筒ガソリンエンジンはそのCO2排出量の低減には不向きなわけで、それの対策やら欧州エミッション規制による課徴金の上乗せ分やらが車両価格に跳ね返ってくること必至なわけで。
また、新しいパワーソース&ドライブトレーンに注目が集まる今日この頃、多気筒ガソリンエンジンは生きた化石と呼ばれる未来もそう遠くなさそうに思えるのですが、そのような売りにくい商品は「マニア向け」として今後ますます価格上昇の圧力が高まっていきそうにも思えます。

そうなると、官能的なサウンドと魅惑のフィーリングを備えたハイパワーV6エンジン搭載モデルも、何とか手の届くモデルが出ている今のうちに乗るのがいいのかも知れません。
・・・とかなんとか思った、動画のご紹介です。



C43はクーペでしたが、まあそこはセダンやエステートも同じであろうとのことで。
いくらか違いはあるんでしょうが、エンジンサウンドに関しては大同小異の範囲かと思っています。
もちろん、実用車&ファミリーカーを求める私が欲しいのは、セダンorエステートです。


で、動画を見た限りでの音の好みですが。

音だけで言えば、S4の方が好みですね。
このS4のV6エンジン、新開発でしたよね。
このサウンド、RSモデルやR8に通ずるものを感じさせます。

でも、キャラクター的にはC43が面白いですね。
エレガンスなメルセデスが、ここまで豪快な音を奏でてくれているってのが面白いです。
ブリッピングも遠慮なくパンパン言わせてますし(笑)


そんなこんなで、今回動画に出てきたAMG C43 4MATIC クーペ と アウディ S4(B9) アバント のスペックでも載せておきます。

【AMG C43 4MATIC クーペ】
  • エンジン形式・・・・・・V6(ツインターボ)
  • 排気量・・・・・・2,996cm3
  • 最高出力・・・・・・270kW(367PS) / 5,500-6,000rpm
  • 最大トルク・・・・・・520Nm / 2,000-4,200rpm
  • 0-100km/h加速・・・・・・4.7秒
  • 最高速度・・・・・・250km/h
  • 欧州複合燃費・・・・・・8.0-7.8l /100km (12.5~12.8km/L)
  • CO2排出量・・・・・・183-178g/km
  • トランスミッション・・・・・・9G-TRONIC(トルコンAT)
  • 駆動方式・・・・・・4MATIC(全輪駆動)

【アウディ S4(B9) アバント】
  • エンジン形式・・・・・・V6(シングルターボ)
  • 排気量・・・・・・2,995cm3
  • 最高出力・・・・・・260kW(354PS) / 5,400-6,400rpm
  • 最大トルク・・・・・・500Nm / 1,370-4,500rpm
  • 0-100km/h加速・・・・・・4.9秒
  • 最高速度・・・・・・250km/h
  • 欧州複合燃費・・・・・・7.6-7.5l /100km (13.2~13.3km/L)
  • CO2排出量・・・・・・175-171g/km
  • トランスミッション・・・・・・8速ティプトロニック(トルコンAT)
  • 駆動方式・・・・・・クワトロ(全輪駆動)

こうやって見ると、そのパフォーマンスの割に燃費性能は悪くない・・・どころか、むしろいいくらいですよね。
しかも、いずれもAWD(全輪駆動)ですし。
もちろんチョイ乗りやら街乗りなんかメインにしようものなら6~8km/Lくらいになるんでしょうけど、郊外や高速がメインであれば10km/L以上は行くんじゃないでしょうか。

また、C43がツインターボなのに比べてS4(B9)がシングルターボにもかかわらず、最高出力・最大トルクともC43よりも出る回転数の幅が広いのがすごいですね。
まあフィーリング的にどうなのかは、数字だけじゃわかりませんが。

それと、S4はB9になってからトランスミッションをトルコンATであるティプトロニックにしてきたのが特徴的ですね。
B8では湿式7段Sトロニックでしたが、許容トルクぎりぎりだったせいか故障頻発だったようですし。
もちろん、コスト的な理由(新しく開発するよりも既存のもので対処した方が的なそれ)もあるのかもしれませんが。


そんなこんなで AMG C43 4MATIC クーペ も アウディ S4(B9) も、もう少しで本邦に上陸するかもですね。
楽しみです♪

んでは!

LihatTutupKomentar