新型Eクラス(W213) E200 アバンギャルド スポーツ 試乗 ~高級車としてよりも安全・快適を買うという方が正しい気がした~

昨日は久々に時間が取れたので試乗してきましたよ、新型Eクラス(W213)。

試乗したのは『E200 アバンギャルド スポーツ』でした。
レビューについては、実際に乗ってみた感じを中心に書いてみたいと思います。

 ※以下すべて個人の感想ですので、悪しからず。

外装は非常にすっきりまとめてきましたね。
ボディの大きさと色々な面や線の流れが見事に調和しています。
このデザイン力が、最近のメルセデス躍進の原動力であることは想像に難くありません。
内装についても、さすがの質感でしたし、上手にまとまっていると思います。

ただ・・・。
目新しさに欠けるんですよね。「ぉおっ!」とか「うおっっ!!」って思ったところが一つもないです(苦笑
おそらくですが、Cクラス(W205)の出来が良すぎたせいなのでしょう。
目に見える点においては、Cクラス(W205)と比べてグンと進化した箇所って見当たりませんでした。

もっとも、E400くらいのグレードになってくれば違うのでしょうが。
この点、実は売り上げにもそれが表れているようで。
このディーラーでは、E400は割り当て分が既に捌けてしまい、追加オーダーを入れる事態になっているようです。
営業さんも「E400の方が高いんですけど売りやすいんですよね~。」って言っていましたが、この後試乗してその意味の本質を垣間見た気がします。

あ、そうそう。目新しさと言えば、あの横長液晶ディスプレイ。
これについては、慣れが必要な気がしました。
結構情報が多くて、どれを見ればいいのかよく分からないうちに試乗が終わった感じがしています。

その横長液晶ディスプレイ内のデザインについてですが、イマイチというか何というか。。
ダサイとまでは言いませんが、こういう光り物や液晶関係はアウディの方がセンスあるな~って気がしました。


さて、試乗した感想でもいきますか。

まずもって、エンジンついてですが、やはり4気筒だな~って印象。
音については、車内のアイドリング時や低回転時は気になりませんが、車外だったりある程度回した時に直4という感じがしましたね。

また、エンジンフィールについてもV6の滑らかさと肩を並べるには至らず、といった気がします。
個人的にはあまり気にするポイントではありませんが、この辺が『Eクラス以上はV6以上』という意識につながっているのかもしれません。

ただ、4気筒相当に対する理解とか、必要以上に高級車であることを求めなければ、非常に乗りやすいクルマだな~って思いましたよ。

初体験の9G-TRONICは至ってスムーズな変速を提供してくれていましたし、加速・減速・コーナリングも過不足なかったですし。
まあコーナリングは自然な感じというよりも、頭が入りやすいようにセッティングしてある気はしましたけどね。
これ、Cクラスもそうだったと思いますが、まあそういうもんだと思えばそれほど気になりません。
あ、ちなみに私はそれほどスポーツライドに明るくない人です(笑)

また、このクラスならではの乗り心地や静粛性は、さすがでした。
タイヤはおそらくRFTだったんですけど(確認し忘れたorz)、そんなこと微塵も感じさせずといったところでしたよ。
でも、乗り心地も静粛性もあまりにも良すぎて、ちょっとつまらない気がしちゃいましたけどね。
まあ、その直前にとあるAMGモデルを好き勝手に乗らせてもらったせいもあるんでしょうが(笑)

ちなみに、そのAMGモデルとやらの試乗記は後日ちゃんと書きます。
昨日は子ども達と妻が、こちらに帰省中の他の子ども達(転校していった子たち)と集まるため、親父は一人で暇になったので一挙3台試乗してきたのです♪


さて、話を戻しまして、新型Eクラス(W213)試乗記の総括でもしますか。
  • E200・・・高級車として買うのではなく、安全性や快適性、またはスタイルで買う。
  • E400・・・いわゆる『高級車』が欲しい方は、こちらがおススメ

E250は、E200よりももう少し動力性能が欲しいって方向けでしょうかね?
ちょっとよく分かりませんが、そうまとめておきます(笑)


んでは!

LihatTutupKomentar