BMW 4シリーズ 420i グランクーペ xDrive Mスポ 試乗 ~少し理解できた気がする”駆け抜ける歓び!”~

さて、そんな感じで春が近づく今日この頃。
BMW 4シリーズグランクーペの試乗記でも書きますか。

乗ったのは、2.0リッター4気筒ガソリンエンジンを積む全輪駆動の420i xDrive Mスポーツパッケージでした。


まず、外観からですが。
もはや説明不要、問答無用のカッコよさ。
いかにもハッチバック的なそれになっていない点が、特にいいですね。

たぶんおそらく、車好きでない限りまず間違いなく気付かないであろう3シリーズとの違いが地味すぎる件、個人的にはツボです。
A4とA5のように見た目まで完全に違う車種とするより、あれ?なんか違う??って感じがいいんです。


続いて内装。

座面の高さはA4とさほど変わらず。
X1の試乗後だからか、やっぱりこれくらいの高さのアイポイントがいいな~って思いました(笑)

ドライバーズポジションですが、しっくりくる感じが何とも言えません。
すごく自然に座れます。
さすが「走り」に主眼を置くだけのことはありますね。
運転姿勢、大事です。

その他の運転席回りの感想については、X1と大きな差はありません。
マテリアル的にパネルがアルミ系だったり、シフトノブがZF製電子式だったりで若干の違いはあるものの、個人的には大同小異といったところです。


続いて、後部座席。
こりゃやっぱり狭かった(笑)

アウディA5SBよりもヘッドルームの余裕があると思いますが、正直、五十歩百歩の世界。
足元も厳しいものがありますね。

とはいえ、身長182cmの私のドラポジとさらにもう少し下げた助手席にて、子どもの乗せおろし(運転席後ろ)、後部座席の着座(助手席後ろ)をしたので、条件はかなり厳しかったとも言えます。
ゆえに、身長170cm台以下の人が後部座席に乗る分には、乗れるっちゃ乗れるでしょう。
ゆったりできるか言えば、まあ期待は出来ないと思いますが。。



さて、お次はドライビングフィールです。

まず出足は、X1と同様に軽快に走り出せます。
この辺の体で感じる感覚は近いですね。
そう考えると、FFベースのX1もいい味付けにしてあるもんだなと感心します。

続いて、低中速域ですが、これも至ってスムーズ。
ハンドリングもアクセルもブレーキもシフトチェンジも、至ってスムーズかつ意のままに動くという感じです。
これはいいです。
低速のろのろ運転時でも、トルコンATならではのスムーズさでストレスを感じません。
また、アクセルオフでもほどほどのエンブレがありながらもするする進むので、これは低燃費なわけだと頷けました。
ちなみに試乗車は、フルタイム4WDのxDriveかつチョイ乗りが多い試乗車でありながら、オンボード上で11km/Lほど。
私のA4の燃費が高速のみでやっと10km/L行くか行かないかというのに比べ、正直うらやましいなと思いました(笑)

さてさて、お待ちかねの加減速。
倅が耐え得る範囲で(笑)、そこそこの加速とそれなりのブレーキングを試しましたが。
加速時のエグゾーストノートの素晴らしいことったら(ポッ)
雑味がないのに野太い音で、しかもスカッと上まで回ってくれてすごくやる気になりました(笑)
そんなに走り好きでもないはずなんですけどね(自称)
ブレーキングも、X1と同様にガツッとは効かずとも奥でグーッと効くような感じで、必要以上にGを感じないながらもしっかり停まれて安心感高めだなって感じでした。

そしてそして、いよいよ差し掛かったS字カーブ。
駆け抜けちゃおうぜ!って思い、ちょっと速度高めで差し掛かってステアリングを切った瞬間。。
「これ、マジすごくいい。」思わず言った言葉です。
口に出したかも覚えていませんが、少なくとも心の中でこのまま呟いたのは事実です。
ハンドリングの舵角に対するボディの反応がすごくいいですね~。
『駆け抜ける歓び』・・・これか!って思いました。
普段乗っているA4の場合、ハンドルをクイックに切ると若干遅れる感じがあるのですが、それがまるでないというか。
バイクとか自転車とかで、体を傾け始めると同時に車体が向きを変え始める感覚というか、運転手とクルマの意思疎通が超光速なんじゃないかって思ってしまうほどの感覚というか。
本当、言葉でうまく表現できませんが、このハンドリングは素晴らしかったです。
なお、試乗車は全輪駆動のxDriveでしたが、FRコンセプトでシステムが設計されてドライバビリティもそうしてあるというのは、十分頷けました。



そんなこんなで、4GC総括。

すっっっごく楽しくてカッコいい車だ!
けど、後部座席を重要視する我が家はやっぱり3シリーズだな~。
・・・ってところです。

個人的には自動ブレーキの類は被害軽減ブレーキと対人の警告があれば必要十分ですので、3シリーズも乗り換え候補に入ります。
まして、xDriveが豊富にラインナップされていますし、燃費もいいですし。

新型アウディA4がクワトロモデルで700万円級になったことと比べると、それより150万円程度もリーズナブルでこんなに楽しい運転ができる3シリーズのxDriveは、本当にお買い得だな~って思えます。
ハンドリングの感じはA4がいくら新型になっても、BMWの方が上だと思います(一応両方それなりに試乗した感想)。
もしかしたら今後、現在A4ユーザーで4WDが必要な方は、新型A4よりも3シリーズxDriveに乗り換える人が増えるかもですね。


というわけで、やっぱり私は重心低めDセグメントが好きだなという再認識と、次期乗り換え候補に現行3シリーズ(F30/F31)xDriveを繰り入れたということで、適当にBMW試乗記を〆たいと思います。

・・・いつ「適当にBMW試乗記」になったか?
今ですw


んでは!

LihatTutupKomentar