BMW 330e 3シリーズPHVに乗り換えたら年間どれくらいお徳かちょっと考えてみた。

駆け抜ける歓びはエコを伴ってこそ。
そんなエコビーマーさんが今後、増えるかもしれません。
ついに鉄板3シリーズにプラグインハイブリッドがデビュー@IAA
その名は、「330e」です。


外観は3シリーズ(F30)LCIと変わりありませんね。
充電ポートが左フロントフェンダー後方にあるくらいでしょうか。


0-100km/h加速6.1秒、最高速度225km/hでありながら、NEDC燃費は1.9~2.1l/100km(約50km/L)、CO2排出量は44~49g/kmに抑えられています。
また、EVモードでは航続可能距離が40km、最高速度は120km/hまで出せます。



パワートレインは、2.0リットル直4ツインパワーターボガソリンエンジン(184PS/290Nm)に電気モーター(88PS/250Nm)の組合せ。
組み合わせたシステムトータルのスペックは、252PS/420Nmにも及びます。

電気モーターはご覧の通り、エンジンとステップトロニックの間に挟まれる形で配置されている模様です。
CクラスのPHVといい、FRのプラグインはこういうレイアウトが一般的なんでしょうね。
ただしこれをAWDにするのは、トランスファーケースが必要なFRベースAWD車のレイアウト上、少し難しいかもしれませんね。
もっとも、エンジンを3気筒なり小さくすれば、それも可能になってくるようにも思いますけど。


ご覧の通り、トランク下にバッテリーが配備されます。
トランク容量は確認できていませんが、パッと見、それが犠牲になっている様子はなさそう or 微小な影響で済んでいそうですね。

そんなリチウムイオン電池の容量は7.6kWhとのこと。
TEPCO管轄の夜間電力(おトクなナイト8@12.16円/kWh)で充電する場合、空から満充電まで92.416円になるんですね。
私の場合、通勤距離が片道3km(週5日勤務で週間30km)なのですが、通勤のみEVモードと仮定すると1週間に1回の充電で概ね足りるわけです。
通勤時の燃費は現在7.5km/Lくらいですので、ハイオク単価140円と仮定すると週間560円かかっているわけで。
年間52週とすると、通勤だけで年間24,000円ほど節約できるんですね~。

まあ、他にも税制面での優遇措置や通常走行時の燃費のよさ(@ハイブリッドモード)から、維持費の面ではもっとお得になるんでしょうね。
また、リセールも良さそうに思います。
その反面、長く乗る場合にはいずれバッテリー交換が必要となり、その際は数十万円の出費になろうかと思いますが。
その辺りのシュミレーションで損得勘定するってところでしょうかね、実際には。


あとはエコ意識の有無とちょっとした優越感(プレミアムカーなのに超低燃費♪とか)で選ぶかどうかってところですかね(笑)

・・・私ですか?
そんなのもちろん、前者(エコ意識)に決まってるじゃないですかーw
ちゃんとペットボトルのキャップとかリサイクルしてるんですよ、こう見えてww

ちなみに330eは、2016年に本邦上陸予定のようですよ。


んでは!

LihatTutupKomentar